被災者がまず必要なのは非常食なの?

沢山の人が行っているボランティア活動があります。
阪神淡路大震災の地震がありました。
最近では、東日本大震災の地震がありました。
(笑顔)今後こうした災害がいつ来るかも分かりませんよね。
(汗)そんな災害時には、ボランティア活動を行ってみようと思うかもしれませんよね。
こうしたボランティア活動をするのに、ボランティアの人々が行うべき心構えがあります。
今回はそのことについて少し挙げています。
<謙虚な心が大切>ボランティア活動をしていると、被災者でない人が多いことから気持ちも分からないと思います。
(汗)ボランティアとして復興の協力をしている、復興のサポートをしていると言う謙虚な気持ちで接することが大切ですね。
<勉強をしよう>ただ単に業務をこなしていくのではダメですよ。
「何が大切だったか」、「何が必要だったか」、「足りなかったか」など、常に記録を残してください。
そして 勉強することによって次の活動に活かせるようになります。
こうした活動は大切です。
常に勉強して向上心を持っているようにしていきましょう。
<秘密厳守する>ボランティアに行くと色々な人と接する機会が増えますよね。
同じボランティア同士だとか、当然、被災者の方もいます。
このように様々だと思いますが、コミュニケーションの際に知り得た情報をベラベラと他の人に喋ってしまうと信頼関係も何も無くなると思います。
(汗)こうなると誰からも信頼されなくなってしまいますよ。
プライバシーを守ると同時に信頼関係を築いていくことに重視してください。
赤ちゃん用の非常食ミルクとは?