母の背中を追って介護福祉士になりたい

私の母は介護福祉士でした。
いつも楽しそうに仕事をしていて、毎日のように仕事の話をしていました。
ところが私は学生の時に老人ホームでのボランティアを体験し、「こんな大変な仕事、私には無理だ」と思いました。
痴呆になってしまった人の相手をする自信もなかったし、最後のお見送りをする辛さも私には辛いものでしかありませんでした。
しかし今その母が病気になって、介護される側になってだんだん気持ちが変わりました。
介護するって素敵な仕事かも。
と。
もちろん介護士の資格を持っていればどこでも仕事先があるといったメリットもあるけれど、私は仕事自体がとても素敵な仕事だと思います。
誰かの手助けになる、という仕事はとてもやりがいのあるものだと思います。
昔母が楽しそうに仕事の話をしていたのを思い出し、私もやってみたいと思うようになりました。