光回線なのにネットが遅くなる原因とは?

光といえばADSLと比べ物にならないくらい速いネット接続サービスとして有名だと思われますが。
一部の人は、光回線なのに驚くほど速度が出ない、と嘆いている人もいるかもしれません。
せっかく光で契約して料金を支払っているのに、それでは悲しいですよね。
どうして光なのに遅くなってしまうのでしょうか。
考えられる原因はいくつかあります。
主な原因を一部ご紹介します。
まずひとつめは、PCや回線、ルーターの物理的な故障です。
目で見てわからなくても中身のどこかが壊れているだけで不具合は起きますから、まずはそこを疑ってみましょう。
次にサービス提供圏内ではあるものの、サーバーなどから遠く離れている地域のため、速度が出ないというものです。
最後に、利用時間の問題です。
夜は利用者が多くなる傾向があり、サーバーに負担がかかり、処理がスローになってしまいます。
PCでソフトを立ち上げすぎると動作が遅くなるのと似たような状態です。
光回線が遅いのには原因が必ずあるので、探してみましょう。
光回線の料金・速度で比較