フリーローン申し込みのリスクとデメリットは?

有名な業者から知名度の低いところまで、様々な業者が混在しているのが、最近のフリーローン業界です。

サービス内容も異なるので、単純に利率が低いところを選ぶと、結果的に損になってしまうこともあります。

提携ATMや特典サービスなどもきちんと確認して、時間をかけて選んでください。

業界大手のサービスの一例ですが、プロミスを利用すると、最速1時間での融資が可能です。

それに、新規の場合は30日無利息ローンが適応されます。

また、借金していることがバレたくないという場合は、プロミスのカードレスサービスを使えば安心して利用できます。

お金を貸してもらった時には返すのが当たり前ですが、何かの理由があって支払えない事が出てしまった場合には許可なく支払わないことは絶対してはいけません。

遅延利息を支払わされたり、世にいうところのブラックリストに名前が載ってしまったりすることになるでしょう。

収入のないニートがお金を必要とすることは生きている以上当然のことですが、借金に関しては、親のことを考えて思いとどまるよう説得しに来る人もいるかもしれません。

いったい誰にそんな願いを持ちかけるか、考えもつきませんが、銀行でも金融会社でも、利益を出さなくてはなりませんから、返済の見込みの全くない人にお金を貸すような馬鹿なことはしません。

場合によっては、見るに見かねた親類や知人にお金を貸してもいいと言ってくれる人がいるかもしれないのです。

たとえどんな理由からであっても誰にも文句を言う権利なんてありません。

でも、感謝の気持ちを忘れないようにしたいですね。

当たり前のことですが、フリーローンには審査が必ずあります。

無事に審査を通れば、業者の営業時間内であればその日のうちにフリーローンが利用できます。

しかし、審査に落ちる可能性があることは覚えておきましょう。

フリーローンに申し込みをして審査を受けることは費用は要りません。

ですから、前もって業者に申し込みをし、審査をパスしておけば、急にお金を用意しなくてはいけなくなった時に、申し込みや審査の必要もなく、すぐに融資が受けられるでしょう。

本人とは異なる名義でカードローンやフリーローンの契約を結ぶことは禁じられています。

参考:フリーローンのおすすめは?メリットとデメリットで一覧比較

本人が自己の名義で契約を結ぶことを要します。

仮にそれが配偶者の収入を支払いに充てるつもりの専業主婦であっても同じことで、その主婦本人が名義人となって契約を行わなくてはならないとされています。

本人が返済に責任を負うのは当然のことです。

それが同じ世帯の人同士の間でも、他の人の名前を用いて契約を結んだ場合には罪に問われることになります。

自分の名前を使うことを認めていたのなら、名義を貸す行為も違法行為とされてしまいます。

最近始まったマイナンバー制度ですが、今後は利用範囲が金融関係にも広がるため、今、家族に内緒でフリーローンをしている場合、マイナンバーがフリーローンの利用情報を開示してしまい、家族にも秘密にできなくなると心配している方も多いようです。

実際のところ、マイナンバーから誰かにフリーローンしていることが発覚するようなことは絶対にありません。

もし返済できずに自己破産したというケースでも、その情報がマイナンバーに関連付けられることはありませんから、安心してください。

しかし、住宅ローンなどの契約の際にどこの業者とも契約できないなどが原因で予想外のことで借金の事実が明るみになってしまうといった話は多いです。

フリーローンを利用したいんだけどその仕組みがややこしそうなので敬遠しているという方は少なくないことでしょう。

意外と仕組みはそう複雑ではないので迷っているなら思い切って申し込んでみてはいかがでしょうか?ここのところは、即日融資してくれるフリーローンも多いのでこれはオススメですよ。

フリーローンの利子は借りた金額によって変化してくるのが普通です。

お金を少ししか借りていないと高金利になりますし、多いと利子は低くなります。

そのため、複数から少額を借りるより、一つの会社からまとめて借入れた方が損ではありません。

借入金の返し方には様々な方法が存在しますが、店頭での支払い以外に口座から自動的に引き落としてもらう方法、銀行振り込みを利用する方法、フリーローン会社やコンビニなどの現金自動預け払い機からでも振込みすることが可能です。

一般的とは言えない方法では現金書留による支払いもできますが、最も多い方法は現金自動預け払い機から支払う方法です。

皆さんご存知のように、クレジットカードのオプションサービスであるフリーローン枠を追加したい場合には、申請用紙のフリーローン枠に貸付額を記入します。

ですが、業者の審査結果によっては、フリーローン枠を付けてもらえないこともあるでしょう。

借入限度額が年収の3分の1までと定められた総量規制によって、フリーローン枠が設定されないこともあるでしょう。

また、クレジットカードのフリーローン枠は、専門のフリーローン業者のフリーローンと比較しても、僅かに金利が高いようです。

カードを増やしたくない場合には、クレジットカードのフリーローン枠が便利だと思います。

ですが、デメリットもありますから、まずは、総合情報サイトなどをチェックして、ご自身のニーズに沿ったサービスを選ぶようにしましょう。